松山の美容室ア.クール

ペパーミント


ア.クールのブログ
ハーブティーのレッスン一回目

今日のハーブティーは、緑茶&ペパーミント(分量は1:1/2)

緑茶との取り合わせは意外でしたが、夏向けで清涼感があり、さっぱりと飲みやすかったです。

水出しもできるので、これからの季節にぴったりです。

ペパーミントの作用は。。。

・殺菌作用(O-157にも効果が期待できます)

・発汗作用

・消化不良

・胸焼け

・食べすぎ

・つわり

・乗り物酔い

・眠気

・記憶力&集中力UP(モーニングティーにオススメです)

・鎮痛効果

精油のペパーミントと同じですね。

精油では、皮膚のかゆみやほてりを和らげるので、日焼けや虫刺されのローションや、頭皮ローション、キッチン用のスプレーを作る時によくブレンドします。

精油の方が刺激が強いので、ブレンドする量を少なめ(用途によりますが)にしますが、ハーブの場合も、他のハーブより1/2の量がよいようです。

<基本のハーブティーの入れ方>

①ポットに人数分(ドライハーブの場合:ティースプーン一杯/150ccが一人分)のハーブと熱湯を入れる。

②フタ(保温+香り+揮発性の有効成分を逃さないため)をする。

③約3~5分間(ローズヒップなど種子で硬いものは5分)抽出し、カップに注ぐ。

④二杯目以降は、抽出時間を長くし色が出たのを確認する。

 ※ただし、一杯目で有効成分の80%がでてしまう。

中国茶と併用してハーブティーも飲んで、夏バテしないようにしたいですニコニコ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です