松山の美容室のヘナ

古代から染料に使われてきたヘナは髪に使える天然染料です

ヘナの葉

ヘナの葉

ヘナはミソハギ科指甲花の葉の粉末で紅茶と同じように、1年間何度も葉を摘みます。なかでも11月から4月までに採取した葉が最高品質で当店が使用するヘナは、まさに11月から4月に無農薬・有機栽培された高品質のヘナで、精製工場はインドで只1社国際標準化機構ISO9001を取得した工場で加工し、粒子の細かさや染まりやすさには定評があります。原産地はインド等の西南アジアやエジプト等の北アフリカで中でもインド・ラジャスタン産が世界最大にして最高品質のブランドです。
インドでは毛染めやトリートメントとしてだけでなく、伝承医学アーユル・ヴェーダに使われています。葉から搾取した油は頭痛薬として、煎じた葉の汁は火傷治療として、その他肝臓病、皮膚ガン治療にとその多様性が万能薬として広く知られています。


ヘナの花

ヘナの花

ヘナの主成分にローソニア・アルバ(赤色酸性酵素)とタンニン酸が含まれています、ローソニア・アルバはヒドロキシ基とナフトキノンからなるのです。 これらはタンパク質との優れた結合力を持っており、毛髪に対してはケラチン(タンパク質)に結合します。
花は白、クリーム、薄ピンクをしており、甘い強い香りは昔から好まれたようでギリシャ神話に登場します。古代エジプトでは、あのクレオパトラも爪や髪に色を付けて美しさを増していたといわれています。

 

ディアクリーンシャンプー&ディアクリーンパック

ディアクリーン

ディアクリーンシャンプー

  • 植物由来成分で、毛穴や頭皮の汚れを洗浄・除去
  • シリコン除去
  • セイヨウハッカの精油で、精神的疲労回復・リラックス作用・ヒーリング効果
  • ユーカリの葉から抽出した精油で、抗炎症・柔軟・収れん・デオドラント効果
  • センブリエキス配合による血行促進
  • ヨクイニンエキス配合による保湿・肌荒れ防止・発毛促進
  • ボタンピエキス配合による肌荒れや老化を抑制
  • グリチルリチン酸ジカリウム配合による抗炎症・抗アレルギー作用
  • 酢酸トコフェロール配合による休止期毛を成長期毛へ移行促進
  • パントテニルエチルエーテル配合による毛母細胞の活性化
  • 500ml/2,000円

ディアクリーンパック

  • 死海の泥からとれるホワイトピートが毛穴をふさいでいる古い皮脂や汚れを吸着し除去します
  • メントールの爽快感とデキストランの毛髪活性効果が頭皮の血行を促進します
  • ティーツリーオイルが水と脂の割合を調和して頭皮環境を整えます
  • 300g/2,000円

ヘナトリートメントによるメリット&デメリット

メリット

  • 当店では天然100%を使用する為、頭皮・毛髪を傷めない。
  • 天然ヘナを使用する事でツヤがでてサラサラになります。
  • 毛穴に詰まった汚れをを取り除きます。

デメリット

  • 黒髪を明るくすることはできない。
  • 通常のヘアカラーよりも少し放置時間がかかる。

補足

  • 植物アレルギーがあるかたはパッチテストを行ったほうが良い。
  • ヘナのニオイには好き嫌いがあります。
  • 天然のヘナ100%で染めると白髪はオレンジ色になります。

よくある質問

Q 染めたあと、髪がゴワゴワしてしまったのですが…。
A ヘナ施術直後のパサつきは、ヘアダイ・パーマで傷んだ髪や乾燥した髪ほど作用が強くなりますが、通常数回シャンプーを繰り返すとなじんでサラサラになります。

Q パーマの後にヘナをすると、パーマのウエーブがゆるくなってしまうのはなぜですか?
A パーマ後にヘナをすると傷んだ毛髪や頭皮のケアをしてくれるので最適です。しかし、髪にハリやコシを持たせる効果がありますのでパーマのウエーブが伸びる傾向があります。

Q ヘナをした髪はパーマがかかりにくいとのことですが、対策はありますか?
A ヘナを続けている髪はハリやコシが強い健康毛になる為、パーマがかかりにくくなります。パーマの薬剤でヘナが色落ちする場合がありますので、約1週間ほど間をおいてパーマをかけられるのをお勧めします。

Q 顔や首など皮膚に色が着いてしまいました。落とすには、どうしたら良いですか?
A ヘナ染めをすると、皮膚にも一時的に色がつくことがありますが、皮膚と髪では構造が違いますので、皮膚についた色は自然に落ちます。入浴や洗顔によって1~2日で消えますが、特に気になる場合は石鹸で繰り返し洗ったりレモン水で軽くこするなどすると効果のある場合があります。

Q ヘナは、色落ちしませんか?
A 個人差もありますが髪が濡れるとしばらくの間、色落ちする場合があります。夏場など汗をかいた時やシャンプー後に髪が濡れたまま、お休みになると寝具や衣類などに色が着く場合もありますので、ご注意下さい。

Q ヘナを、染める周期はどの程度が良いのでしょうか?
A 個人差はありますが、根元の白髪は日々伸びて目立ってきますので、1ヶ月に一度位が平均的でしょう。 (ヘナは薬草ですので短期間に何度使用しても全く問題ありません。むしろダメージヘアをいたわり髪に艶・コシ・ハリを与えます。)

Q スイミングに通っています。ヘナ染めをしてプールに入っても大丈夫でしょうか?
A 基本的には問題はございません。個人差がありますが、ヘナをした3~5日ぐらいまでは、余分なヘナが落ちてきますので、こまめにシャンプーをしてください。ヘナ染めをした4~5日ほど、様子を見てからプールに入るようにして下さい。

Q 黒髪も染まりますか?白髪のない若い人にも使えるのでしょうか?
A 黒髪の色を変えるには(市販の染毛剤のように)まず黒の色素を脱色することが必要ですがヘナにはそういった働きはありません。ヘナは草木染めの染料です。元の髪色にヘナの色が重なってゆきます。 ナチュラルは、基本的に、黒い髪にはほとんど目立ちません。ただ、繰り返し使用するうちに黒髪もやや全体的にトーンアップすることがあります。また、ヘアダイなどで傷んでいる髪には色が入りやすい上に、質の高いトリートメント効果も望めますので、ぜひお試し下さい。 また、若い方にも問題なく出来ます。

Q 染めた色を変えたい場合はどうすればいいですか?
A ヘナには脱色作用はありません。濃く染まった髪をそれより薄い色にヘナで染め替えることは出来ません。続けて染め直しても髪の毛は傷みませんが、今、現在染まっている色よりも、"明るくする"ということは、出来ません。

Q ヘアダイなどで髪がとても傷んでいます。色を変えずに、ヘナで髪をケアしたいのですが?
A ニュートラルは無色ですので、カラーリングした髪の色を変えずに、傷んだ髪を健康毛によみがえらせます。

Q 市販のヘアカラーでかぶれてしまいました。ヘナなら大丈夫でしょうか?
A 野菜や果物に反応を起こす方がいるように、ごくまれにヘナに反応(草かぶれ)を示す方も居るので、ヘアダイでかゆみや腫れを経験されたことのある方は事前にお知らせください。

Q 天然成分のヘナだけで黒に近いブラウンに染めたいのですが、どうすればいいですか?
A 当店ではヘナを主成分にして天然素材のハーブ類(天然100%です)をブレンドしてブラウン系に染める事もできます。(白髪比率によります又、黒髪は明るくはなりません)

Q 緑がかった色に染まってしまったのですが、どうすればいいですか?
A ナチュラルヘナで染めた後インディゴで染めた直後は緑がかってます。時間がたてば(数十分~数時間)、茶系の色に変化します。草木染め特有の現象です。 (インディゴ系)また、染めた直後は薄いベージュにしか染まっていなくても充分な量を使っていれば、数時間・数日で落ち着いた茶色に変わってゆきます。(個人差があります)
※当店ではインディゴの取り扱いはしておりません