松山の美容室ア.クール

中国茶のレッスン


昨日より寒さがマシですね晴れ

芦屋の美容室&アロマ・フェイシャル・リラクゼーションサロン ア.クールです。

昨日は、久しぶりに中国茶のレッスンに行ってきましたしっぽフリフリ

まず一杯目は「径山茶」(ケイザンチャ 緑茶です)

JR芦屋 美容室&アロマ・フェイシャル・リラクゼーションサロン ア クール-keizanncha

日本の煎茶のルーツと言われている緑茶です。

先生が「フルーティーで栗のような香りがする」と仰る通り、

ほんとに、栗のいい香りがしましたニコニコ

味は、緑茶なのですが、日本の緑茶とちがい渋さがなくスッキリとした味です。

そして、二杯目は、造る職人さんが減っていて、なかなか手に入らないと言う、

黄茶 「君山銀針」(微後発酵 湖南省のお茶)

JR芦屋 美容室&アロマ・フェイシャル・リラクゼーションサロン ア クール-中国茶 黄茶
JR芦屋 美容室&アロマ・フェイシャル・リラクゼーションサロン ア クール-黄茶

JR芦屋 美容室&アロマ・フェイシャル・リラクゼーションサロン ア クール-黄茶
入れると、黄色っぽいんです。

緑茶と比べると、よくわかります。

JR芦屋 美容室&アロマ・フェイシャル・リラクゼーションサロン ア クール-緑茶と黄茶
左が緑茶、右が黄茶です。

味も緑茶に比べて、まろやかです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日のレッスンは、「茶経」と「緑茶の製法について」でした。

「茶経」とは、中国で茶に関して最初に著作された専門書で、現代でもお茶のバイブルとして尊ばれているものです。

著者は「陸羽」さんです。

お坊さんになる予定が、お茶に興味をもって10年以上旅をして、この本を書いたとのこと。

日本の茶道にでてくる、茶せんににたものもでてきたりします。(唐の時代に日本にお茶が伝わっているので、この本も日本の茶道の元になっているようです)

お茶の一保堂さんの包み紙にもこの「茶経」の文章がコピーされているんですよ~

「緑茶の製法」は、4つに分類され、中国茶のほとんどは「釜で炒る」方法です。

日本茶は蒸す方法で、釜で炒る方法は、福岡県の八女茶など少数とのこと。

・・・・・・・・・・・・・・・

先生のお話は、テーマ以外に脱線して歴史やコンビニスイーツや色々なので、いつも楽しくあっと言う間に二時間が過ぎます音譜

先生にも整顔シンメトリーをさせていただきましたビックリマーク

頬がリフトアップしました~またブログにアップしますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です